スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆大島の町長

大島で土砂災害で人がなくなりました。
町長は「この時間に避難勧告を出すと余計被害が出るから避難勧告を出さなかった」と弁明しています。
そりゃそうでしょ、真夜中の2時とか何とかではみんな寝てます。
気象庁から、都庁から避難勧告を出せと電話が入っているのも無視。
この御仁おかしいですね。
夕方6時頃なら避難勧告を出し、町の幹部は徹夜で庁舎に詰め、消防、警察、を待機させる事は出来たでしょう。
「夜中がピークになるから今のうち準備をしてください、町は待機体制だ完了です」と勧告すべきではないですか。人ごと鼻でせせら笑っている心が見え隠れします。
気象庁の緊急避難勧告の定義に疑問ありとしますが、どうもこの町長おかしいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1080位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
469位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。