スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月十日

明るいうちに書かねばならなかったが。

本日三月十日は東京大空襲の日である。マスコミはこれ一色だ。
亡くなった方を慰霊するのは当然であるが空襲は東京だけではなかった。
横浜、名古屋、大阪、北九州等々あり、艦砲射撃を受けた都市もある。
「あんな酷い目は御免だ、二度と戦争はあってはならない、平和が尊い。」
こう言う紋切り型でテレビ・新聞は締め括る。
それは確かにそのとおりだ。

しかし三月十日は陸軍記念日なのである。栄光の記念日なのである。
それを狙って米軍は首都空襲という屈辱を日本に与えたのである。
日本人なら三月十日陸軍記念日と五月二十七日海軍記念日は忘れてはならない。

明治三十八年(一九〇五年)この日、帝国陸軍は奉天会戦でロシア軍を満州北方へ追い払った。
あともう一歩で殲滅可能であったが、砲弾が枯渇し無念の涙を飲んだのである。
日本の勝利の決定打は日本海海戦であるが、当時世界最大・最強と言われたロシア軍を破った事は、欧米列強を驚かせただけでなく、アジア諸民族の独立への気概を持たせたのである。
ナポレオンも勝てなかったロシアを陸戦で破った意義は、世界史に特筆される出来事である。
栄光の歴史を、日本人は今こそ胸に刻むべきである。
奉天会戦の活躍は日本歩兵の粋と知れ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
504位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。