スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国とは国交断絶あるのみ

元徴用工員1千人が、戦時中、日本企業で強制労働をさせられたと遺族等1,500人が損害賠償訴訟を起こした。
賠償請求額は一人あたり約1千万円だそうだ。
1965年の日韓基本条約で、相互の請求は無しとしている。

呆れかえるというか、いけ図々しいと言うか、あまりの馬鹿さ加減に腹わたが煮えくり返る。
まさか支払いに応じる企業はないと思うが、韓国のゆすりたかりは既に日本人の我慢の限界を超えるものだ。
条約は条約で、國家間の間の話で個人補償は別だと言う。
こんな国と交際する必要はない、永遠に断絶でよろしい。

慰安婦問題も同じだ。
当時の軍、警察が女狩りなどするわけがない。
もしそんな事があれば、当時の朝鮮の男が黙っているわけがないではないか?
自分の妻、娘、姉、妹が無理やり慰安婦として連行されるなら命を賭けて阻止するだろう。
古今東西、男は女を守るものだ。連行されたなら警察を襲撃するだろう、軍の兵営を襲うだろう。
当時の朝鮮の男は黙って泣き寝入りしたのか?そんな程度なのか?
そんな事は有り得ない。なかった事をあげつらい日本に金をせびる韓国。
断交あるのみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
357位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。