スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二階俊博の訪韓

この13日に二階俊博が千五百名を引き連れ訪韓した。
パク・クネ大統領と口調を合わせ、「慰安婦問題」を解決しない限り日韓の真の友好はないと言う。
呆れるというよりも、何故こんな売国奴が自民党にいるのか、しかも政務だか総務だかの会長だ。
かつては北朝鮮・ソ連・中共に対抗するために、極東の自由陣営の砦として、日本・韓国がアメリカの監視下で手を組む必要はあったかもしれない。
しかし、もうそんな時代は終わった。

韓国を緩衝地帯として中共・北朝鮮への防波堤にするなら兎も角、韓国は中共に擦り寄り、事あるごとに反日活動を繰り返す。
竹島は文句なしに日本の領土だ。話し合いに応じないのは韓国だ。
国内の土地が不法占拠されているのだ。立ち退きの強制執行は法に基づきやらねばならない。
日韓戦争をやれば良いのだ。アメリカがどう言おうと国内問題だと言えば良い。
竹島限定の空爆、韓国施設の破壊。1日で終わる。
韓国よ、さようならである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
950位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
425位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。