スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お人よし日本

拉致問題の再調査では、こちらからノコノコ北朝鮮に出かけていって、「一定の成果があった」「北朝鮮が真剣に解決しようとする気持ちが感じられた」というコメントやニュース解説。
TPPの交渉では、「アメリカはじめ各国の思惑から難航している」という。
どちらも交渉とは言えない。

拉致被害者の救出でも、TPPの問題でも、自国の要求を通す事が国益追求の外交というもの。
拉致被害者を早急に取り戻すためには、北朝鮮のやる気を感じたなどと寝ぼけた事を言ってはいけない。
アメリカに都合の良い貿易ルールや外国企業の公共事業参加参入を認めるなど、以ての外である。
相手に気を使って何になる。
条件として相手のメンツを立てる事はあるが、両方とも相手の言いなり、相手のペースに飲み込まれているではないか。

軍事なき外交・外交なき軍事が無益であることを、政治家たちが理解していない。
安倍首相を評価するなど出来ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
345位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。