スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本サッカー

ワールドカップもいよいよ大詰め、ドイツとアルゼンチンの決選と相成った。
我が日本は決勝トーナメントに進めず敗退、鉦や太鼓で持て囃した騒ぎは一体何であったのか。
優勝を目指す、と本田は公言した。その壮は尊重したい。
選手はそれなりに戦ったのであり、素人の私があれこれ批判する資格はないと自覚するもののあの負けっぷりは
現代日本人の象徴ではないかと思う。
体格差もあろう個人技の差もあろう。だが外国勢との一番の差は、精神力だ。
私が言いたい精神力とは単なる根性論ではない。
外国勢は”国を賭けた戦争”をしたのだ。戦場の中で唯一、日本人だけが”サッカー”をしていたのだ。
各国のクラブチームでやるプレイとワールドカップでやる選手の活動は丸で別物だと私は思う。
メッシにしてもネイマールにしても出稼ぎで外国でクラブチームでやるサッカーは仕事であり、生活と個人の栄誉を賭けている。しかし、ワールドカップは”国”の栄誉が第一となる。仕事ではなく戦争と化すのだ。
どの選手も、ワールドカップでの動きはまるで獲物を追い詰める野獣の形相だ。
日本人は野獣に成り切れず単にサッカーをしたに過ぎない。
ワントップがどうのこうの、フォーメーションがどうのこうのと言う以前に、兎にも角にも敵陣へボールを押し込む気迫はどの国の選手も、フォワードであれ、MFであれ、バックスであれポジションに関わりなく持っていた。
どの国であれ、すべての選手は勝ちたいに決まっている。日本選手も例外ではない。
サッカーの起源は打ち取った敵の首を転がして、もて遊ぶ事だったという説がある。真実は不明だが、敵、味方に分かれ球を蹴りあうサッカーの原点ではFWやMF、バックスの区別もなかったろう。チャンスとあれば、誰がどうシュートしようと敵陣に入りさえすれば結果オーライであったろう。サッカーの原点はこれであろうと私は推量する。個人の動きがチーム全体に良好な結果を生めば良いのだ。
日本人はサッカーを外国から齎された。FWの役目、バックスの役目を几帳面にやることがサッカーだと思い込んでいるのではなかろうか、役割重視でシュートを忘れている。
日の丸ジャパンの意識はあるのだが、国家の重みを選手の肩には感じる事のできない私である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
772位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
348位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。