スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権

7月1日、集団的自衛権を閣議決定。
大騒ぎである。法律化するのはこの先の事。
私見
1.自衛権を個別と集団に分けたのは詭弁。
2.安倍晋三は、憲法改正したいが、現状では無理と判断し、集団的自衛権を憲法改正の切り口とした。
  ちなみに現憲法をいったん破棄し、明治憲法に戻し、枝葉末節を時代に合わせ自主独立憲法を制定するのが我が新風。
3.本質論から行けば、安倍総理の集団的自衛権の閣議決定論は間違い。
4.間違い承知で、玄関先に迫っている支那の侵略を取り敢えず抑止する意味で、今回は是とせざるを得ない。
左翼の、戦争をする国家、平和を守れ、は論理すり替えの出鱈目。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

赤トンボ特攻の猛訓練

堀場日記6月1日の項にある。
「追い風に乗って迅速に接敵し目標を捉らえて蛇行運転して強引に捻り込め」と。月明下の攻撃極めて優秀○とある。
野口二飛曹は「月明作戦というのがあって月の光の帯を見ながら軍艦を探すが見えたと思うとすぐ流れてしまう」と体験を語る。文字にすると優雅にみえるがあっという間のできごとである。
大抵は降爆までに編隊飛行、航法訓練を済ませているので1列のまま天橋立の北方で高度を取り丹後半島の山を越えて飛行場に向かう。
③ 2ヶ月の間、1人20回ということは標的艦のほうでは『2000回』となる。途方もない回数だ。
大変な付き合いである。受ける方も凄まじい。この降爆訓練で4名の殉職事故が起きた事は如何に真迫の飛行訓練かを物語る。
駆逐艦初霜は1800トン中型の艦である。戦争中フルに戦ってきたが、特に戦艦「大和」の沖縄特攻に随伴した8隻と共に戦い生き残った。4月6日大和は沈み、まさに九死に一生を得て多数の乗組員を海から拾い挙げて佐世保に帰ったばかりなのである。
この時は日本海の哨戒のため宮津湾に入っていた。艦長酒匂少佐は強運のひとである。ベテランの乗組員たちは日米決戦の修羅場を凌いで来た人達であるがこの九三中練の特攻隊をどう見ていたろうか。
7月1日、何も知らない特攻隊員たちは艦務実習ではないが初霜見学に訪れた。毎夜、峯山空から出張してくる幹部も大和のことは知らずに世話になった。重村機や野村機の事故の時も現場海域を照らしながら捜索救援に骨を折ってくれた。
しかし、1人として「赤トンボ」と冷やかしの言葉を吐く乗組員はいなかった。
飛行隊が前線基地に展開後の7月30目、米軍の艦載機による空襲があり、峯山空も攻撃されたが、初霜へも攻めてきた。艦は応戦中湾内の機雷に触れてかく擱座したのだった。
その初霜の主錨が東京墨田区の山田病院の玄関前においてある。以前乗り組んでいた軍医長が払い下げてもらったという。
峯空会が昭和61年、東京九段会館で総会を開催した時、酒匂艦長を来賓に招待した。艦長は最後の出撃に際して若い兵員を艦から下ろしてベテランや下士官ばかりで出掛けたと。
若い者をこれ以上死なせたくなかった。峯山の特攻隊が飛んできた時は、もう戦争は終わったと言う者と、今から訓練して行こうと言う者との感覚のずれを感じていた、と、率直に話された。

負けられない戦いがある

◆今年も8月15日が廻って来ます。
今や、90歳前後となられた大東亜戦争の勇士の方々は、
先に行った戦友のため、後に続く我々のために
最後の一兵に至るまで参拝を続けるのです。

●大東亜聖戦の歌●
作詞 中村 粲☆作曲 高澤 智昌
●平成十一年[1999年]に発表された軍歌です。作詞された中村 粲氏曰く「二十世紀最後の軍歌」だそうです。

1. 黒竜江の流血に 二十世紀の東洋は妖雲の下明けゆけど 支那は眠れり朝鮮も白禍の脅威夢の中
2. 四百余州と大八洲 共に睦みて栄えんと声励ませど耳貸さず 泰西人に阿りて支那は亜細亜を忘れたり
3. 満漢侵す露を討てと 皇師は進む鶏林を はた黄海の波分けて 旅順奉天対馬沖 屠れる敵は幾万ぞ
4. 萎えゆく東亜救はんと 差し伸ぶ手をば逆恨み 洋夷赤露の威を恃み 我を蔑する支那なれば満蒙の地嵐呼ぶ
5. 広袤千里満洲は 扶餘高句麗の昔より兵争絶ゆる暇なきが 大同協和の国建ちて興安嶺に光さす
6. 銃声響く盧溝橋 隠忍の我侮りて抗日叫ぶ蒋と毛 わが喉元に刃擬すABCD包囲陣
7. 遂に来れり決戦の 火蓋切つたる真珠湾 シンガポールもフィリピンも ジャワも一撃なびき伏す米英蘭は跡もなく

8. わが皇軍の進撃に 凱歌は上る大東亜 白き鉄鎖を断ち切りて 十億の民起つところ山河新たに生命あり
9. 満蒙支那に南溟に はた朔北に山ゆかば草むすかばね海ゆかば 水づくかばねと若きらが いゆき捧げしその命
10. 四歳に亘る勇戦も 衆寡敵せず皇軍は矢弾盡き果て花と散る されど揺がず大亜細亜 独立の意気天を衝く
11. 武運拙く敗れしが 見ずや亜細亜のこの歩武を 一髪土に残らずも 嗚呼大東亜聖戦の誇りや高し我が心
http://www.youtube.com/watch?v=9YQYxQMypn0&feature=related
プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
799位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
345位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。