スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月街宣

3月19日(土)横濱駅西口にて13時から15時街宣を行います。
有志の参加を求めます。
スポンサーサイト

東北大震災に思う

3月11日は東北大震災の日である。
未曾有の津波が東北の太平洋岸を襲った。
昨年は熊本で、津波こそなかったもののやはり大地震が発生した。
災害は忘れた頃にやって来る。昔からの言い伝え通りだ。
マスコミやら識者とやらは、常に、地震に備えて、ラジオ、懐中電灯、食料、水を家庭でも備えておこうと
声を大にしている。
それは「その通り」である。
地震は予測できない、予測不可能だからこそ常日頃の対策が必要である、しかし人は長い間、それがなければ
忘れてしまう。犠牲者を忘れることはないが、忘れなければ生活も出来ないのが事実だ。
しかし、外国の侵略は予測できる。
予測できるどころか、現に、竹島を侵略され、尖閣にチャイナの侵略の魔の手が迫っている。
不慮の災害に備えよ、と言うばかりではなく、予測可能な外国の侵略に備えよと言うマスコミ、識者はいないのか。
そういう良識ある識者、ごくわずかの報道関係者はある。あるがマスコミはこれを抹殺している。
非常時に備えて、水、食料、毛布、懐中電灯、ラジオを備えよと言うならば、
北朝鮮のミサイル攻撃に対し、こちらも長距離ミサイルを常備し、発射を探知する情報システムを構築し、発射と同時に発射基地を破壊するミサイル。爆撃機が必要だろう。
日本国内に不逞外国人は巷にあふれている、マスコミ各界に浸透している。
不慮の災害に備えるのなら、予測可能の外国の侵略に備えよ。
プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
574位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。