スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相模原街宣

新風と友好団体「日本会議」相模原支部の街宣の応援に行きました。
「4月29日はただの祝日ではありません。昭和天皇の誕生日であります」から演説を始めました。
横浜から比べれば人通りも少なく物足りない気もしますが、意外と言うのは失礼ながら、私の参議院選では、
労組、共産党が強いようで、結構、私が得票を頂いている相模原です。無下にできません。

敗戦となると命乞いに来るに決まっている世界の国家元首の中で唯一「朕の命はどうでも良い、食糧難、生活に困窮している国民を助けて欲しい」とマッカーサーに懇願された昭和天皇は本当に名君です。

「人間宣言をなされ、全国巡幸をされると聞いたGHQは、石でも投げつけられて権威が失墜して丁度良いと
多寡をくくっていましたが、案に相違して、各地で国民から絶大な歓迎を受け感激にむせぶ現実に
面食らったという事です」と演説中、私の眼前で熱心に耳を傾けてくれる中年男性がいました。
主催者ではないので「新風」と名乗れないのが心残りですが、一人でも耳を傾けて頂ける人がいれば、日本は大丈夫だと気を取り直します。
清々しい”昭和天皇の日”でありました。
スポンサーサイト

4月26日街宣

久し振りの快晴。本日、大船にて街宣を実施しました。
参加者は、高倉、戸田、菊地(敬称略)、私を入れてわずか4人の街宣でしたが、皆さん頑張ってくれました。

最後の締めとして、次のように述べました。
我が国は世界最古にして万世一系の栄光ある国です。
世界四大文明は全部死滅している。
中華四千年の歴史は嘘であり連綿として継続したものではない。
ギリシャ文明は西洋世界に継承されたとはいえ、現在のギリシャはあの偉大な文明を作り上げたギリシャではありません。
現代のギリシャは怠け者の国で、公務員が就労人口の四割。
少しも努力せず、EUにたかるだけ。
特にドイツに金をせびるだけの情けない国です。
正に西洋の”韓国”です。
あの焼尽の中から必死に努力を続けた我等日本人とは月とすっぽんです。
どうか皆さん、この素晴らしい日本を当たり前の国、当たり前に皇室と国民が一体化して人に優しい日本の心を取り戻して下らぬ中国、韓国、北朝鮮に毅然として立ち向かいましょう。

ギリシャの事でかなり受けが良かったようです。
仕事が入ってしまった、石井さん、角田君の参加を期待したのですが、こればかりは仕様がありません。

来月三日、伊勢原にて15時から17時街宣を行います。
たまたま憲法記念日ですが、けっして現憲法を祝うためではありません。
逆に現憲法を弾劾する街宣です。伊勢原が遠く感じる方も多いでしょうが、意外と近い伊勢原です。
街宣終了後は近場の温泉というわけにはいきませんが旨い、安い、酒場がある伊勢原です。
無論その為に伊勢原でやるわけではありませんが、たまには、藤田顧問、西部支部長のおひざ元で力一杯街宣を行い、一献傾けたく思う次第です。

DSC08179b.jpg

内貴直次少尉逝く

昭和19年1月、ニューギニア西部サルミに上陸した第223連隊の内貴少尉は、未開のジャングルの偵察任務に服し、2か月後漸くサルミに戻ると、既に米軍爆撃を受け町は破壊。
次いで米軍が上陸、直ちに斥候を命じられ、アラレにて肩と腕に被弾するも報告。
更に前進しトム基地を詳細に偵察、友軍に通報、夜襲で緒戦に大勝、36師団長から賞詞を受ける。
次いで総攻撃に参戦、砲弾にて重傷を負い、麻酔もないなか片足切断となる。
マラリアの高熱に冒され意識朦朧と死線をさまよう中、奇跡的に回復、21年6月に帰還。

大正10年(1921年)京都に生まれ、東京で育ち、武昌でごく普通の会社員として働く。
小野田寛郎氏とはこの頃の友人。
召集を受け、幹部候補生となり青森に司令部のある223連隊に配属、少尉任官。
士官学校出身ではないが、当時は国民一人ひとりが国のため死力を尽くすのは当たり前の事であった。

平成19年(2007年)に『ニューギニア戦歌集』(文芸社)を出版。
その巻末に「お礼の言葉」として、以下の文章を残されました。


お礼の言葉

内貴 直次 


 拙き短歌を読んで頂きありがとうございました。これは実戦の非情さを伝えたく、決して手柄話の意図はありません。私はただ運が良かっただけです。最も気の毒なのは苦戦の末戦死された方達はもとより、戦わずして海没された人達の何と多かったことか、無念としか言いようがありません。私が訴えたいのは、何事も死ぬ気でがんばったら出来ないことはない筈であり、どんな苦難にも耐え目的に邁進すれば必ず成果が生まれるということです。


 私の人生の最後の言葉として遺しておきたいことは、今の日本人の心が非常に乱れていることです。このままでは日本の将来はありません。かつて小国日本が日露戦争で大国ロシアを破りアジアを護りました。昭和に至りアジア民族独立のため決起し、世界の強大国と戦い袋叩きにあい、三五〇万人を失い国土は灰燼に帰し、領土を失い敗れましたが、しかし世界の被圧迫民族に勇気を与え、アジア、アフリカの植民地まで独立を達成しました。彼らはこれをよく知っています。台湾やパラオは日本贔屓です。日本は正しい戦争をしたのです。何も卑屈になることはありません。私達戦士は聖戦の意義を弁え、正義人道に基づき住民を慈しみ敵を排除したのです。しかし科学の力に敗れたのです。


 ところが戦後の日本人はすっかりいじけてしまい、プライドをなくしてしまいました。謝ってばかりいて馬鹿にされています。私は『坂の上の雲』を読んで感激しましたが、明治天皇を始め政治家、軍人、経済人ら明治人の偉大さを知りました。大正・昭和人も大戦後廃墟の中から立ち上がり、松下幸之助や本田宗一郎のような世界的偉人も出て六十年で経済大国に復活しました。しかし平和に狎(な)れた日本人は、世界のきびしさを忘れてしまいました。


 昔ローマに滅ぼされたカルタゴは優秀な民族でした。経済も隆盛に地中海を制しハンニバルのような英雄が出ても、民族の心は乱れ団結が失われ、防衛の努力を忘れたため滅亡したのです。


 我々は歴史に学び自戒せねばなりません。国を愛し祖先を貴び、親、目上を尊敬し兄弟や友人、同輩と仲良く協力し、下を慈しみ、家族、血族は親密に、かくすれば日本人は団結し世界に伍してゆけるでしょう。私は日本人の優秀性を信じています。祖国よ永遠なれ万歳日本!



亡くなる直前まで、毎日1000mを泳ぎバイクで走っておられました。
享年九十四歳、合掌。

20141230_2.jpg

新風神奈川でご講演頂いた際の内貴直次先生(平成26年12月27日撮影)

売国奴が首相だった

元首相の村山富市が、9月3日に北京で開催される「抗日戦争勝利70周年」記念イベントに出席すると香港系テレビで明言した。
村山は又「尖閣は日中で共同開発し共に利益を受ければ良い」と論じている。
こんな馬鹿が首相だったとは悪夢でしかないが、その悪夢を再度見せられる我々は腸が煮えくり返る。

鳩山由紀夫や菅直人もそうであったように、売国奴が首相になる現在の日本の政治は絶対におかしい。
民主主義などではなく、衆愚政治の最たるものであり、日本人の劣化を如実に示す汚点だ。
世界史に残る恥晒しだ。

識者ならご存知の通り、日本は中国に負けたわけではない。
日本軍は寡兵にも関わらず、大兵の国民党軍と戦い、戦闘という戦闘に全て勝利している。
中国共産党軍はたった二度、武器を持たない輜重、輸送隊を待ち伏せし戦い、「日本軍に勝った勝った」と宣伝しているだけである。
支那兵は我が皇軍に勝利などしていない。
どこの部隊にいたかは知らぬが、村山自身、軍曹だったらしい。
我が軍の状況を知らぬはずがない。村山の行動は万死に値する。

北朝鮮の非道ぶり

先日、マツタケの密輸とか何やらで、総連議長許宗萬が自宅を捜索され吼えていた。
不当な日本の挑発とか、こんな事をするから日朝協議が阻害されたとか、勝手な事を言っている。
両国間の関係を悪くしているのは北朝鮮ではないか。

日本人を国家自体が拉致する事は人道に反する犯罪であり、戦争行為に等しい。
話し合いで解決など出来るものではない。
北の話し合いの狙いは日本から金を引き出す事、技術を盗みだす事以外にない。
国家自体が拉致をしているのだから今更調査も何もあるものか。
拉致した日本人はの内、有能な者は北朝鮮の重要な役職に就かせ働かせて、無能な者は廃棄している。
横田めぐみさんはおそらく前者だろう。

口先だけで真摯に調査を行うと言っているが、やるわけはない。
ある者は殺し、ある者は国家に忠誠を使わせ、利用していると、北朝鮮自ら発表するわけがない。
拉致問題を国際人権問題に提訴して、日朝協議を阻害した日本が悪いと吼える北朝鮮に誠意も何もない。
盗人猛々しいとはこのことだ。

長年、我が国は我慢を重ねて話し合いで決着をつけようと呼びかけて来たのにこの様だ。
安倍自民党はもっと声を大きく世界に公表し、正義を訴えて日本の公正と信義を掲げなくてはいけない。
あとは自衛権の発動で北朝鮮に軍事的圧力を加えよ。
これが出来ない国家は国家とは言えない。
プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
828位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
362位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。