スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金賢姫と耕一郎さんの会見

北朝鮮の悪逆非道
3月11日、釜山で、北朝鮮の元工作員、金賢姫と拉致被害者の家族、飯塚耕一郎さんが会見しました。
金賢姫は北朝鮮で、拉致された田口八重子さん(北朝鮮は李恩恵、交通事故で死亡と発表)に日本語を教育され、姉妹のような間になっていたそうです。田口八重子さんの息子、耕一郎さんは当時1歳、母の記憶は全くありません。伯父(八重子さんの兄、飯塚繁雄さん)に養育され、21歳になり初めて実の母の存在を知る。耕一郎さんは母と呼べず、彼女、田口八重子さんと呼んでいます。
母の面影を知る、金賢姫に会い、母の消息を知り得た事はご本人にとって、又、兄繁雄さんにとって大きな喜びであったと思います。3人だけで約1時間、つもる話をされたのですが、話が微に入り細に入るほど、拉致の悲しみが倍加されてしまうのではないかと私は懸念してしまいます。

母を思う子の気持ちをしるした文学、劇、「安寿と厨子王」、「母を訪ねて三千里」、「長谷川 伸作、瞼の母」は人の涙を絞ります。子供の頃、、「安寿と厨子王」を読んだか、母に読んで貰ったか記憶にありませんが、人さらいって怖いな、と感じたことを思い出します。夕方になると、「早く帰らないと、人さらいが来て、サーカスに売り飛ばされちゃうよ。」と母に脅された経験は、ある年代の人なら誰しもあるでしょう。私も相当の歳になるまで、サーカスに恐怖と偏見をもっていたものです。
人生には色々な事があります、何らかの家庭の事情で母と子が分かれ、永遠に再会しない事もあるでしょう、ソ連軍に追われて、断腸の思いで、我が子を棄ててきた親もいます。でも、これは異常な状況下での事、犬や猫のように子供を棄てる親は、通常ありえません。親と子、これは本能の世界で理性の世界ではありません。理性で、『あなたと私は親子の契約をしましょう』なんて事はあり得ないのです。本能があるから人類は何百万年も生き延びて来たわけです。親から子へ、子から孫へ愛情が伝わる事、これが歴史というものです。
この自然で健全な世界をぶち壊したのが北朝鮮です。

国家はその存続のため、謀略をします。計略を図ります。戦争もします。国民を騙す事もあります。
しかし、他国の人を攫い、無理矢理、自国に奉仕させる、こんな酷い事をやる国家は21世紀の今日。北朝鮮以外あり得ません。こんな国はいつか滅亡します。

戦争で、捕虜となれば、労働を使役させられます。でも戦争が終われば、帰国できます。これが戦争に限らず、国同士のルールだと思います。少なくとも近代国家でのルールです。古代から中世期にはそんな事もあったでしょうが、人間の重み、を配慮するようになったのが近代、現代文明社会ではないでしょうか?
かつて日本は、朝鮮から強制で朝鮮人を日本へ連行し、労働に就かせたから、今、北朝鮮が日本人を拉致しても、当たり前の権利である、という妄論を北朝鮮は持っています。
日本人は、強制で朝鮮人を日本へ連行したことはありません。朝鮮より働き口があり、賃金も良く、生活レベルが高い日本にあこがれて、ほとんどが密航で日本へ来たのです。創氏改名も、日本人が強制したわけではありません。日本名のほうが、働き口を得やすかったからです。自ら望んだ事だったのです。創氏改名を言うなら、古代に、漢人風に自ら為した事は何なのでしょうか?

言いたくはないけれど、事実である以上、自己責任を他人に転嫁するのは支那文明の悪癖です。韓、鮮は小中華を自ら任じてきました。古代にはヤマト国より進んでいたでしょうが、中世期にヤマト国に抜かれています。言い換えれば、韓、鮮は古代のままであると私は思います。
人さらいをし、なおかつその人を使役し、自国民の工作員を日本人に仕立て上げ、民間機を爆破し、他国に罪をなすり付ける。よくもまあ、こんな下衆な事を考え、実行するものだとお思います。謀略とは言え、あまりの罪深さに空恐ろしいものを感じます。
この国(国と呼べる代物ではありませんが)は支那の飼い犬です。日本への噛ませ犬です。吠えられたら頭をぶん殴るのが一番です。吠えても吠えても、こちらに平伏するまで殴り続ける事です。屈してはいけません。ここに屈する事は支那に屈する事です。我が国は、遙かに支那文明を超越しています。絶対に支那の属国になってはいけないのです。

韓国の思惑
李明博政権になり、対北への政策が変わりました。拉致問題について日本と協力しようという姿勢に変わりました。これはこれで結構なことですが、ウォンが下がり、経済が壊滅的状況にある中、日本から経済、財政援助を引き出そうとする下心が見え隠れしてなりません。竹島を無条件で返還し、対馬侵略、反日教育、歴史の捏造をやめるならば協力を惜しむものではありません。好んで、憎悪で対立する事は不要です。できるなら友好を保つべきだと思います。残念ながら、過去の歴史、現状の民族性を見ると、そう簡単にはいかないと見るのが常識でしょう。会見の人情話に涙で冷厳な政治状況をくもらせてはならないと思います。

日本のマスコミ
産経新聞は、最近はやや、おかしな記事がでる事もありますが、まずは、左翼と対峙しています。
ここしばらくは、小沢の行動を監視しています。朝日、毎日はどうでしょうか。詳しく調べてはいないのでコメントは控えますが、TVは非道い。特にTV朝日のニュースステーション、古館は政治が不在だときれい事を言い、北朝鮮の非道さをこれっぽっちも追求しません。旧社会党等の政治責任を一切無視です。決まり文句は、「さて次のニュースですがーーー」。と本質から目をそらし、見る者を他へ誘導しています。真実から国民を遠ざけるマスコミの罪業を許すべきではありません。産経新聞が当たり前であって、他の新聞、TVは日本人の敵です。

民主党・社民党
民主党はだんまり、共産党、社民党からコメントを聞きません。漆原発言とか、景気対策とか、話題をそらして、マスコミと同じく国民の目を欺いています。土井たか子に、人の心はあるんでしょうか。拉致はないと言った馬鹿どもを生かしておいて良いのでしょうか?

学匪
3月10日付Yahooニュースにこんな記事がありました。<インタビュー>3.1独立運動記念学会で訪韓した松尾尊兌氏【ソウル9日聯合ニュース】歴史学を研究する松尾尊兌・京都大学名誉教授は9日に聯合ニュースとインタビューを行い、3.1独立運動を「東アジアにおける反帝国主義運動の母体」と評価した。
さらにこんなことを言ったそうです。
「残念ながらも日本で過去に対する反省はほとんどない。問題は太平洋戦争の敗北後、天皇と天皇制が続いてる点だ。戦争の最高責任は天皇だが、天皇は戦犯裁判にかけられることもなかった。結局、戦争の最高責任者が自由の身になり、これは日本が悪いことをしなかったという認識に拡大した。今後はこうした行動に対する反省が出てくるよう期待する。それには日本人の認識が変わらねばならず、韓国との文化交流が活性化されなければならない。韓流のため、日本人が韓国の文化に関心を持ち始め、韓国の歴史と文化を新たに眺めようとする認識が日本国内に広がりつつある。韓流の広がりが、日本人が過去の過ちを反省する景気になればいいと思う。
一体これは何ですか???
こいつは日本人ですか?こいつが大学教授?しかも京都大学の?名誉教授?
大学教授には左が多い、これは分かっています、しかしわざわざソウルまで行って、ここまで発言するのはあまりいないのではないかと思うのですが?こんな反吐が出る呆言を聞きたくもなければ、書きたくもないのですが、敢えて、虫けらに等しい屑人間がまだいる事を認知頂きたく記述しました。
私は、こんな屑と、同じ日本の空気を吸っていることが我慢できません。こんな屑人間が日本で息をしている事に怒りを治めるわけにはいきません。
エリートになるべく京都大学生がこんな屑思想に脳を犯され、官僚になるから恐ろしいのです。
マスコミも、大学も、既存政党も信用できない、エリート層程左に毒されています。私は一介の庶民です。しかし、だからと言って黙っていれば日本は滅びるばかりです。母国、母国語、自分を生んでくれた母、祖国日本を自ら否定するものは人ではありません。いかにも大学教授とは頭がよさそうですが、心が腐っていれば何にもなりません。このような左翼教授は頭が悪い。心が腐ると、脳も腐るのです。
日教組、創価学会、左脳の壊れた欠陥者が横溢するからこそ、私は新風で世直しをしたいのです。
組織もない、資金もない新風ですが、行動するしかない、こう思います。行動すれば結果は附いて来る、こう信じます。   了
スポンサーサイト

平成桜田門外の変 2

小沢の逮捕は時間の問題です。単純に自民党万歳とは思いませんが、今のところ、自民党は少なくとも景気対策をやっていると認めて良いと思います。自民党は、公明党の尻に敷かれている事と利権まみれ、2世馬鹿議員の跋扈、歴史を知らず支那、韓国の横柄に引いて、日本の主権を忘れているから腹が立ちますが。

辞職を期待した我々にとって、3月4日の、小沢の会見はひどいものでした。
居直り、傲岸不遜、破廉恥、無自覚、言葉が見つかりません。民主党員さえ反感を持ったことでしょう
悪事に絶対自らは口を割らない、悪人魂やかくたるものがあります。
小沢の悪党ぶりは今更言うまでもありません、しかしその配下の民主党は本当に無益な存在だと思います。権力の腐敗を阻止するために2大政党が存立することは有益でありますが、今時の変は、民主党は権力の横暴を正す任にないことを証明しました。
2大政党こそ民主主義と、民主党は意気込んでいましたが、そもそも、人と人の和を重んじる日本人の性格からは、2大政党制は適さないと思います。
かつて自民党と社会党の対立があったと言われそうですが、私に言わせれば、社会党はまともな政党とは言い難く、日本破壊勢力とも言うべきものでした。民主党はこの社会党の再生組織です。
戦前では政友会と民政党の対立がありました。これも泥試合で政友会が軍部を引きずり込み、結果、5.15事件、2.26事件へと続き、政党政治は自滅したのです。

国王とか法王とか伝統も権威もないアメリカの荒野では個人の出自を問わず、徹底的に論じて少なくとも間違わぬ方向を決するのはディベートしかないでしょう。その意味ではアメリカ民主主義はその国土、風土に見合ったものと言えるでしょう。日本人には、けんけんがくがくの論争はなじみません。又多様な思想を認めるには、能率の程は兎も角、本来少数党が多数ある方が本来の民主主義ではないでしょうか。

そもそも、小沢という悪党を党首とした事が、無能、無定見の証左です。旧社会党の残党と自民党の公認を得られない無能者が烏合したので、左から右までなんでも揃った、まるで安物の量販店です。幅広い品揃えは結構ですが、同じ思想を持つ者が集合しその思想を現実社会に実現しようと活動するのが政党というものではないでしょうか。 
性質の異なる金属が融合して新たな合金となる物理的事実はあっても、人間世界で正邪併せて調和ができるものではないでしょう。人間世界では、どちらが正しいか微妙な問題が存在します。
しかしながら、隣国支那の軍備拡張に異を唱えず、恩知らずの韓国、テロ行為しかできぬ北朝鮮にに鉄槌を加えずして何の政治家と私は言いたいのです。外交、防衛は国の一大事です。経済も大事です。
しかし年金事務が滞ころうとも、北のミサイルが日本国土に飛来させぬ事、例え公海であろうと、日本上空を越えれば直ちに打ち落とすこと、拉致者全員を取り戻す事、竹島を奪還する事、支那海軍の津軽海峡進入、尖閣諸島近海での遊弋を阻止する事、北方領土を奪還する事、反日教育をやめさせる事、等々は自らの矜持を守るため当たり前の事ではないでしょうか。首相始め政府要人の靖国神社は当たり前の事です。支、韓、北からの内政干渉を断ち切るべきです。日中友好、日韓友好とは笑止の沙汰です。ましてや人道支援で北へ石油、米を送るなどとは論外であります。拉致者の苦しみを救わずして何の人道か?悪の三国志を手助けする民主党は、どこの国の政党か、答えは明らかであります。社民党、公明党、共産党然りです。唯一、大勢は日本の政党らしき自民党に、山崎拓、加藤紘一、二階、古賀、石破等反日日本人がいます。これらも支那へ送還したいと願うのは私だけでありましょうか。

マスコミの犯罪
今回の報道も非道いものでした。特に、TBS、TV朝日、朝日新聞、毎日新聞、時事通信、鳥越とかのコメンテータ、古館一郎等切りがありません。小沢擁護に終始し、検察を冒涜していました。定額給付金のニュースにすぐ切り替え、且つ大々的に放送していました。訳の分からぬ芸能人がコメンテータとして愚論を言う。3日を過ぎ4日から5日は、ネットを見ても、産経の記事であふれていたものが、6日、『政府高官の、「自民党は心配ない」発言』を機に毎日新聞、時事通信の記事が奔流となって出てきました。政府高官の名は不明ですし、ねつ造の匂いすらあります。
マスコミは産経、フジTVを除き赤一色です。ネットを見ると、おかしなコメントはあるものの、マスコミの偏向さが滲み出てきます。大多数の人々は健全です。
小沢、民主党を抹殺すべきは勿論ですが、マスコミの独善、巨悪を国民は一丸となって正さなければならないと思います。  了

平成桜田門外の変

ついに、小沢の足元に司直の手が入りました。
いよいよ、小沢が逮捕、そして民主党の崩壊が始まります。
3月3日のひな祭り、狂った春の雪乱に国賊小沢一郎の首級が天下に晒れます。
明日の会見が楽しみです。自民公明合体政権を心良しとはしませんが、少なくとも支那、鮮卑の泥靴に屈する危険性が激減します。皆さん明日の報道を心待ちにしましょう。この続きは又明日。

民主党首 小沢一郎の正体

2月25日、小沢一郎はこう発言した。
「自分達に関わる事はなるべく自分達できちんとやるという決意を持てば、アメリカの日本における戦力は第7艦隊だけで十分ではないか。」
なんと言う発言であろう。自分達できちんとやるとは、1.欺瞞そのものの現憲法を改正し、自衛隊を正式に軍とする事。2.隣国支那、ロシア、北朝鮮の核攻撃を受けないためには非核原則を廃止し、論議の上、日本が自前の核をもつ事。3.核を持たないのであれば、真の専守防衛のため、空母を持つ、爆撃機を持つ、空中給油機をもつ。4.有事の際はアメリカの核使用を認める。ことであり、領空侵犯、領海侵犯を断固排除し、不審船(というより北朝鮮船)の臨検、逮捕、撃沈を躊躇なく実施する、事であろう。この御仁は上記の論で発言したのではあるまい。その証拠に3月2日産経新聞をごろうじあれ。「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持って行き、『何人か下さい』って言うしかないだろ」と言っている。悪と戦う姿勢がないのだ。自国の主権を守ろうとする意思がゼロなのである。自国民の生命、財産を守ろうとする思考は皆無なのである。これが、この御仁ならず大方の日本の政治家の正体である。利権を守る事、私利私欲を得る事、これを政治と思っている。選挙民も利権を守る人を政治家として選んでいる。こんな人間は政治家の資格はない。こんな人間を選ぶ選挙民に選挙権は不要である。小沢を当選させた、岩手県4区の選挙民はすべからく選挙権を辞退して頂きたい。又、民主党国会対策委員長、山岡賢次は「この発言は民主党の意見ではない」と取り繕いに大汗をかいている。鳩山、管、岡田等幹部は沈黙のままである。党首の発言は党の見解であろう。かくも民主党は詐欺、嘘つきの巣窟に他ならない。今マスコミは、二言目には『解散、解散』と
民主党の大声援に躍起である。自民もおかしいが、売国民主党を政権につけてはいけない。
前々総理の小泉は郵政のカネをアメリカに売り出した売国奴であるが、日本を支那に献上しようと画策する小沢も負けず劣らぬ売国奴である。アメリカの力を削減させ、沖縄、尖閣諸島に支那海軍を伸張させ、竹島を正式に韓国領としたくてたまらぬのであろう。北方領土のことなど眼中にあるまい。
一方、中曽根弘文外務大臣は、1日北京で温家宝首相と会談し、「北朝鮮が発射するものが人工衛星であっても、発射は国連安保理決議違反である」と見解を示したそうである。支那側は明確な認識は示さなかったが「北朝鮮に自制を求める」点で一致した、と読売新聞は報道している。
なんとまあこんな眠い仕事で外交です、と言えるものだと失笑を禁じえない。
支那は北朝鮮の宗主国である。親分に、子分の無法をやめるようお願いするのならまだしも、国連の----と言う国連至上主義は笑止千万である。北朝鮮は国連なぞ、紙切れとしか思っているまい。
国連の分担金をろくに支払わぬ支那が何故、常任理事国であるのか。国連は原語でUnited Nation
で、ただ、連合国という意味でしかない。第2時大戦の勝利国が常任理事国といっているだけであり、
不法を押さえる力があるわけではない。所詮、各国の主権を、綺麗ごとで着飾って、押し通す舞台でしかあるまい。こんな茶番でわざわざ北京へ行き、幼稚園児の仲良しごっこヨロシクを演じる事が外交であるわけがない。政権党自民党も、この程度なのだ。
この程度の人間が政治家と称し、外交を行っている。こんな無能者、無定見者が政治家になれる国、日本とは一体何であるか、私は理解不能であります。
プロフィール

溝口としもり

維新政党新風

 国民運動委員長、神奈川県本部代表

 参議院議員選挙 神奈川県選挙区候補予定者

facebook
twitter
YouTube
平成25年参院選 政見放送
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSS
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
政治・経済
1405位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
政治活動
574位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。